4年目になったアラスカ生活を綴っています
Powered by fun9.net

アラスカのパッケージ旅行を扱っているサイト
1.AB-ROAD
2.エクスペディア
3.HIS

アラスカ行きの格安航空券を扱っているサイト
1.エクスペディア
2.AB-ROAD
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


Team Based Learning(チーム基盤型学習)という教え方がUAAの先生の間で(たぶんアメリカ中で?)流行しているらしくて。

UAAではいろんな先生がこれを使って授業をしてきます。



学生としては自分の負担が大きくなるので、従来の講義形式の方が楽でいいと思ったりするのですが…

先生にとってみれば、これを使えば学生は本当によく勉強してくれるし、なかなかいい教え方だなとも思うのです。



ではチーム基盤型学習とはどんなものかというと…

①学生は授業の予習として教科書なり指定の論文なりをしっかり読んでくる。

②授業ではまず読んできた内容に関して10問程度の4択形式の小テストを課される。これが結構難しい。

③その後3-4人のグループに分かれて、小テストの問題をグループで相談してもう一度答える。

④最後に全員で答えあわせをする。成績は小テストの個人の結果とグループの結果を合わせて決められる。



予習範囲が時には膨大で、しかも授業中にテストされるのでしっかり読まなければいけないので、学生としてはけっこう苦しいのですが、グループ討論をしている間に知識がけっこう頭の中にすり込まれるみたいで。のちのち学習した内容をけっこう覚えていられるものなのです。普通の講義形式なら…学習した内容は授業が終わった瞬間ほとんど忘れてしまうのですが。


あとね、小グループで学習すると、私みたいなシャイな人でもグループ内なら発言できるのですよ。


人の前でしゃべるのが恐怖なので教師にはなりたくないと思うのですが、チーム基盤型学習を使って学生と対話しながら授業を進められるのなら、教師になってもみたいとうっすら思うのでした。

教師でなくて他の職業でも人に何かを教える場面はよくあるもの。そういうときにはチーム基盤型学習を使ってみたらいかかでしょう?


P1050842_2.jpg

こちらの写真は一昨日の黄金の夕焼け。冬の間は常に曇りで青空や夕焼けがみられることはほとんどないアンカレッジですが、ここ数日は雨が降り、雨が上がったら見事な夕焼けが見られました。

始終薄暗いアラスカの空には正直うんざりしますが、こんなすばらしい夕焼けがたまにでも見られると、アラスカに対する愛が燃え上がります(笑)
関連記事
スポンサーサイト



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。