4年目になったアラスカ生活を綴っています
Powered by fun9.net

アラスカのパッケージ旅行を扱っているサイト
1.AB-ROAD
2.エクスペディア
3.HIS

アラスカ行きの格安航空券を扱っているサイト
1.エクスペディア
2.AB-ROAD
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


P1050401_2.jpgソファーにもたれかかって本を読んでいると、トニー画伯がこんな絵を描いてくれました。
左手の曲がり具合がいかにも私です(笑)


私が読んでいるのはビル・プルーイット「極北の動物誌」。

星野道夫の本にちょくちょく出てくるので気になっていた本。

大学の図書館で見つけたので英語版ですが借りてきました。








極北の自然の厳しさ、やさしさ、雄大さ、愛らしさ…すべてが一冊に詰まっています。淡々とした自然の情景描写から、逆に豊かな想像をかきたてられます。アカリスのかわいさに思わず笑ってしまったり、野ウサギが食べられてしまうシーンの生々しい描写にドン引きしたり、開拓者の失敗がかわいそうに思えてきたり。

普段は人間の前には姿をあらわさない動物たちがどんなふうに暮らし、世界をみているのか。密着ドキュメンタリーを観ているような気分になりました。

何も知らなければふーんと通り過ぎてしまう森。その森の足元であるいは木の上でこんなに多くのことが起こっていたなんて。この夏アラスカ旅行に行く前に読んでおけばよかったと思った本でした。そこらへんの動物行動学の教科書よりも、詳しくそして楽しく極北の動物の生態がわかります。


英語版に関して、生物学の専門用語も少しでてきますが、とにかく文章が美しいので原書で読むのがオススメです。

  

関連記事
スポンサーサイト



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。