4年目になったアラスカ生活を綴っています
Powered by fun9.net

アラスカのパッケージ旅行を扱っているサイト
1.AB-ROAD
2.エクスペディア
3.HIS

アラスカ行きの格安航空券を扱っているサイト
1.エクスペディア
2.AB-ROAD
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


P1050360_1.jpg
アンカレッジではまだ雪は積もっていません。

今日は環境学の授業で国家環境政策法(National Environmental Policy Act)についての口頭テストがありました。

こちらにも書きましたが、この授業では大学敷地内の森に道路を建設する実際のプロジェクトの環境への影響などを調べています。


アメリカには国家環境政策法という法律がありまして、あるプロジェクトが連邦政府の許可を必要とする場合、連邦政府からの補助金を使う場合、あるいは連邦政府の所有地にかかわっている場合には、どんなプロジェクトでもこの法律にのっとって環境アセスメントをしなければならないのです。


この道路建設プロジェクトは、アラスカ大学(州立)の敷地に道路を建設するというアラスカ州政府のプロジェクトであり、資金源もすべて州から来ているので、連邦政府とのかかわりはありません。

じゃあ国家環境政策法は関係ないじゃん~ってクラスのみんなが思っていたのですが…
そこで新たな事実が発覚!

新しい道路は大学敷地内の森の中にある湿地帯の上に建設されるため、道路を建設するためには建設会社が、アメリカ陸軍工兵司令部(Army Corps of Engineers)から湿地環境に関する許可をもらわなければならないのです。


アメリカ陸軍工兵司令部は連邦政府の一部なので国家環境政策法が必要になるそうです。



ともかく…
この国家環境政策法ってのがいろいろややこしく、それをいちいち細かく学びたい情熱なんて私にはないので今まで無関心でいたら…
今日の口頭テストで痛い目にあいました。

テストは国家環境政策法に関することしか出題されませんでした。シドロモドロ…
関連記事
スポンサーサイト



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。