4年目になったアラスカ生活を綴っています
Powered by fun9.net

アラスカのパッケージ旅行を扱っているサイト
1.AB-ROAD
2.エクスペディア
3.HIS

アラスカ行きの格安航空券を扱っているサイト
1.エクスペディア
2.AB-ROAD
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


先週のことになりますが、アメリカに来てはじめてオーケストラのコンサートで弾く機会がありました。


日本のオーケストラとのあまりの違いにびっくり!
アメリカに4年もいてまだカルチャーショックというものに出会うとは…。


弾いた曲は
シベリウス カレリア序曲の中の1曲
ミアスコフスキー チェロ協奏曲 (チェロソリストは私のチェロの教授)
ドボルザークの交響曲6番


このうち楽しく弾けたのはシベリウスのみ。他の二つは「いったいこの曲誰が決めたの?」と思うほど、アンカレッジ市民オーケストラにとっては難曲でした。


150505CivicDSC_4649.jpg
出典:adn.com

まず、この指揮者…指揮がわかりにくいのです。
あるチェロパート員が「指揮者が何をやっても、絶対に見るな!!」と言ったほど、指揮がよくわかりませんでした。
指揮に頼らずとも団員のチームワークで演奏できるくらいに練習できればいいのですが、なにせ練習期間は1ヵ月半週1回のみ。
コンサートマスターは大学のバイオリン教授、そしてチェロ協奏曲ではチェロの教授もオーケストラに参加していたのですが、彼らがまともなことを言うたびに、指揮者がとんちんかんなまとめ方をするので団員はみんな失笑でした(笑)



150505CivicDSC_7814.jpg出典:adn.com
そしてこのおばあさん方。
お年寄りになってもオーケストラに参加するっていうのは、アメリカならではで、さすがだなと思いました。
しかし近年UAAの音楽学部は学生にアンカレッジ市民オーケストラで弾くことを奨励しているので、チェロパートは60代以上のおばあさんたちと大学生という構成。
「勇敢にオープンに弾こうとする大学生」 vs 「保守的に細々と弾こうとするおばあさん達」 というちょっとした対立がありました。
私も一応大学生なので割と勇敢にオープンに弾いていましたが間違うと、前列のおばあさん方がため息をつきながら肩をすくめて「No Noというようにこっちを見てくるという塩梅でした。


もう一つ気になったのは、本番3週間前の時点でほとんどみんな楽譜をのり付け(またはテープで貼るとか)していなかったことです。楽譜を本のようにしておかないと、譜めくりしにくいとおもうのですが…。
結局本番までにはだいたいの人が製本していましたが、本番でもぜんぜん製本していなかったのが、このチェロのおばあさん方。ドボルザークの交響曲の長い楽譜もクリップでとめただけ(笑)
もう譜面台上は紙だらけ。もしも譜めくりを間違えると…40枚もの楽譜が全部床に散らばるという悲劇になるのは目に見えていますね。それが本番でおきると、それだけで演奏がストップしかねない大惨事になるでしょうね。
しかし絶対に譜めくりを間違えないという変な自信があるのが、さすがおばあさん方。
譜めくりに時間がかかってもぜんぜん気にしないというのも、さすがおばあさん方。



日本のオーケストラにいたときは、弓順は鬼のようにしっかりとパート内で、またはパート間であわせていました。
弦楽器は弓の動きをみんなであわせておかないと、弓が隣の人にぶつかるし、見た目に美しくないとか、表現がそろわないとか、いろんな困ったことがおきます。
しかしアンカレッジ市民オーケストラではほとんどみんな弓順は気にしていませんでした。
郷に入れば郷に従えってことで、私も最初は気にしないことにしていたのですが、さすがにだんだん気になってきて(こういうところが日本人の私。)。
いつも一番弓順がそろっているチェロパート員にコンサート当日に楽譜を見せてもらいましたが、弓順はまったく書かれていませんでした。



細かいことはいちいち気にしないっていうのが、この市民オーケストラの基本的な流れなんでしょうが、何を気にして何を気にしなくていいのかが、私にはまったくわかりませんでした(笑)


それから、一つ自分の大失敗。
ドボルザークの交響曲の4楽章の一番最後で、オーケストラ全員が休符という箇所があるのですが…
そこで、私一人、飛び出しました。間違って弾いちゃいました。
これをやってしまうとしばらくトラウマになります。




まぁいろいろ七不思議はありましたが、本番のチェロ協奏曲が大変すばらしかったというのがハイライト。

150505CivicDSC_7717.jpg出典:adn.com



おまけに私のチェロの教授が即興アンコールで弾いたバッハのチェロ組曲5番が、今まで聞いたどんな演奏よりもすばらしかったのでした。
ちなみにこの教授はチェロ組曲の専門家で、研究テーマはバッハのチェロ組曲の即興性についてです。
この時代の音楽家は、譜面どおりの音やタイミングで正確に弾くということはせず、かならずトリルなどの即興をおりまぜた演奏をしたそうです。
ということで教授の演奏もトリル満載で、特別な世界観をもった演奏でした。
ミアスコフスキーのような現代曲を弾いたあとでも、ステージ上はバッハの古風な世界観に完全に塗り替えられ、それが心の奥深くに語りかけてくるようでした。
音楽っていいなと思いました。
そして私もステージ上を自分の世界観に塗り替えられるような存在感をもった演奏をいつかしてみたいと思ったのでした。



とはいえ、バッハのチェロ組曲は私にとってはなかなか難しくなかなか練習する気にならないのですが、そろそろ本気で取り組んだほうがいいような気もします。
関連記事
スポンサーサイト



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。