4年目になったアラスカ生活を綴っています
Powered by fun9.net

アラスカのパッケージ旅行を扱っているサイト
1.AB-ROAD
2.エクスペディア
3.HIS

アラスカ行きの格安航空券を扱っているサイト
1.エクスペディア
2.AB-ROAD
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ


6月23日。朝起きたら窓の外がこんなのでした。

P1060525.jpg

ビル。そしてビル。そしてまたビル!
1週間毎日南東アラスカの森を窓辺に見ながら過ごしてきただけに、都会の殺風景さが目に付きました。
木がない!!

でも都会は都会でわくわくしますけどね。

ビル街というのは日本でも海外でもどこでもあまり変わるものではありませんね。やはりその土地らしさを決めるものは、木だと思います。少なくとも私にはそう思えます。
P1060526.jpg


メープルの木がたくさん。街を歩いていると日本語や中国語がたくさん聞こえてきて、とても新鮮でした。
P1060530.jpg



バスに乗って、スタンリー公園へ。
P1060543.jpg


アラスカとはまったく違う植生。うっそうと茂る森。
P1060531.jpg


アラスカにはこんな「作られた自然」はあまりないので逆にとーっても新鮮でした。
P1060532.jpg





以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事
スポンサーサイト

6月22日。移動日。

南東アラスカを抜けて南に下ると一瞬外海になる海域があります。この日の午前中はちょうどその海域を航海中だったので、船がまともに太平洋からの波をかぶり、船内は大揺れ。船酔い客続出でした。
P1060501.jpg


あれ?晴れてる?南東アラスカを抜けるととたんに晴れてきました。クルーズの乗客は皆こぞって外のデッキで日光を楽しんでいました。
P1060504.jpg


寄航しない日の楽しみは…食べること、寝ること。しかしクルーズ7日目。このころには毎日続いた豪華な食事のせいで胃がおかしくなっていました。
P1060505.jpg
P1060509.jpg


毎晩船の上でいろんなショーが行われるのでそれを見に行ったり、あるいはビンゴ大会を見に行ったりしていました。夜だけでなく朝から晩までいろんなイベントが行われていました。厨房見学だったり、クラフト教室だったり、ダンスやヨガ体験もありました。私たちは寄港地を目いっぱい楽しんだり、あるいは部屋で本を読むほうが好きだったのであまりいろんなイベントには参加しませんでしたが。
しかし最終日の夜はサーカスショーを鑑賞し、部屋に戻る途中のデッキからこんな素敵な夕焼けをみることができました。もうカナダのバンクーバーまですぐそこ。気温もずいぶん暖かくなっていました。
P1060516.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

6月20日。ケチカン。雨。雨。雨。

アラスカで4番目に大きい町だけあって、ウォールマートなどの大型スーパーがあったりかなり活気のある町でした。
P1060477.jpg


トーテムバイト歴史公園。ここは今回の旅行中で一番わくわくした場所です。ケチカンから市バスで30分ほど。町から離れた森の中に、トーテムポールやインディアンの建造物が残されています。その良さを表現する日本語力がなくて残念ですが、今までいろんな本で南東アラスカの自然について読み、イメージを膨らませて来ましたが、この歴史公園は私のそのイメージにぴったり合うものでした。雨の森の土のにおい。深い緑の森のそばに静かにたたずむ古いトーテムポール。海岸線に生えているサーモンベリーをつつくロビンという鳥。そして静かな雨の音と磯の香り。
P1060482.jpg

P1060483.jpg

P1060486.jpg


ふとトーテムポールを見上げるとハクトウワシがてっぺんにとまっていました。かっこいい!神話から取り出したような完璧なシチュエーションにちょっと陶酔しました。
P1060488.jpg

P1060494.jpg

P1060498.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

6月19日。スキャグウェイに寄航。雨。強風。

スキャグウェイはもともと鉱山の町。そして鉄道で栄えた町でもあります。鉄道は現在は観光用として、スキャグウェイからカナダのホワイトホースまで走っています。
P1060461.jpg


今回クルーズで寄航した町はそれぞれに特徴があって面白かったです。スキャグウェイは「最後のゴールドラッシュ」に沸いた土地で、現在はナショナルパークが歴史的建造物を管理しています。ナショナルパークによるスキャグウェイの歴史の展示や歴史ウォークなんかがあったりして、非常に興味深い町でした。アラスカの歴史についてもっと深く知りたいと思わせられました。
P1060464.jpg


本日のトリビア:スキャグウェイとはネイティブの言葉で「強風」という意味だそう。本当に始終強風がふいていました。





以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

6月19日。ジュノーに寄航。


本日の朝ごはん。ワッフル。
P1060421.jpg


本日の母の朝ごはん。ベーグルwithスモークサーモン
P1060423.jpg


朝ごはんを食べながらジュノーの町並みを堪能。
P1060424.jpg


航海中はどこに行っても毎日必ず雨でしたが、ジュノーに寄航する日だけ運よく曇りでした!
P1060426.jpg


トラムウェイに乗ってロバートソン山頂へ。
P1060427.jpg


トラムウェイからの景色。
P1060432.jpg


山頂ではちょっとしたハイキング。南東アラスカの植物を押し花用に少しずつ集めながら。これはブルーベリーの花。
P1060437.jpg


ネイティブのデザインが木に掘り込んでありました。
P1060443.jpg



P1060454.jpg


さようなら!ジュノー!またくるよ!アラスカの州都ながらにしてこじんまりとしていて、私好みの小さなかわいい町でした。今回のクルーズで寄航した町の中で、一番素敵な町でした。
P1060459.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

6月18日。最初の寄港地、フナー。小雨。

小さな村ですが、ルームメイトのトニーのお姉さん家族が住んでいるので、どんなところか見られるのを楽しみにしていたのでした。
クルーズは沖に停泊し、小さなボートで岸に上がります。

P1060384.jpg


せっかく南東アラスカに来たのだから、鯨をみたい!ということで、オプショナルツアーに参加。参加しといて正解でした。鯨はクルーズ船のような大型船には近づいてこないそうで、実際にクルーズ船からは鯨は一度も見られませんでした。
P1060386.jpg


オプショナルツアーの小型船からの景色。岸に近寄ると南東アラスカ独特の植生が見られます。
P1060387.jpg


ハクトウワシ。写真がぶれてますが、揺れる船の上からぶれない写真を撮るのは至難の業でした!
P1060390.jpg


小型船からたくさんの鯨をみることができたのですが、ほとんど母が持ってきた妹のカメラ(ビデオ)で写真を撮っていたので、ブログにアップできるような鯨の写真はありません。また追々アップできればと思います。

こちらはラッコ。
P1060392.jpg


2匹のラッコが顔を出しました。
P1060393.jpg


フナーの町並み。
P1060404.jpg


フナーの船着場。
P1060406.jpg


沖に停泊しているクルーズ船。13階建て。かなり大きいですが、ジュノーのに停泊中にさらに大きいクルーズ船を見かけました。
P1060408.jpg


さすがに南東アラスカ。じめじめしていて、どこにでもコケが生えています。古い木材からもコケと木が生えてきていました。
P1060411.jpg


北方アラスカとはまったく違う南東アラスカの森。雨がたくさん降ることと、海からの栄養が豊富に入ってくるため、植物がうっそうと茂っています。南東アラスカの森を見ることは私の中でずいぶん昔からの憧れだったので、心が躍りました。
P1060417.jpg


どこにでも生命が芽吹いています。
P1060419.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

今アンカレッジで行われている室内楽音楽祭に参加しています。1週間毎日、グループで室内楽を練習し、マスタークラスやテクニカルレッスン、個人レッスンなどを通して曲を仕上げるというもの。

参加者の多くは若い人ですが、みな才能があって、私よりもうまいので、とても刺激のある毎日です。

達人レベルにうまいチェリストたち(中には神レベルにうまい人も…)を日々見て、自分ももっと研鑽しなければと思わせられています。


私がこの音楽祭で弾くのはシューベルトの五重奏の1楽章。この曲の3楽章と4楽章は、以前に一度弾いたことがあり、私の大好きな曲のひとつ。非常に美しくて、かつ血が沸騰するように情熱とパワーのある曲。音楽祭で指導してくださる先生たちも「This piece is beautiful!!」と口をそろえて仰ります。

通常はバイオリン2台、ビオラ、チェロ2台という編成なのですが、今回はなんとビオラパートをチェロの人が弾くという編成です。バイオリン2台、チェロ3台の五重奏なのでかなりパワーのあるシューベルトになりそうです。ビオラパートの細かい動きをすべて親指のポジションで弾きこなすチェリストさんの技術には卒倒しそうになります。

そして達人レベルのチェリストたちといっしょにハモりでメロディーを奏でる瞬間は、美しすぎて本当にとろけそうになります(笑)




アンカレッジに住む若い音楽家たちと友達になれたことも、今回の大きな成果。18歳や19歳であれだけ上手で、しかもこれからどんどん音楽にのめりこむ時間があるのか、と思うと若干うらやましくなりますが。

それから音楽のレッスンを英語で受けたという点も大きな成果。英語の音楽用語がまったくわからないというのが今回の音楽祭に参加するにあたっての一番の不安材料でしたが、なんとかなっています。ザッツは「cue(キュー)」というみたいです。


音楽祭の2日目が終了し、五重奏はかなり良いところまで仕上がってきているのではないかと思います。合間合間にチェロ四重奏を弾いて遊んでみたり、毎日が楽しくあっという間にすぎていきます。とはいえ、レッスンが始まる前の早朝と、終わったあとの夜は働いているので、忙しいですが。



新年に立てた、今年の抱負のひとつに「チェロを再開すること」というのがありました。これで、抱負達成っと。


それから、ここのチェリストたちはみんなポッパーのエチュードを弾いています。親指のポジションの嵐でかなり難しいですが、良いトレーニングになりそうなので基礎練習のメニューに加えようと思います。



音楽に関してはいろいろ書きたいことがありますが、うまくまとまりません。

ただひとつ言えるのは、音楽祭でみんなと室内楽をやっている瞬間の私は、間違いなく世界中の誰よりも一番人生を楽しんでいる自信があります。ものすごく楽しいです。


それもこれも、日本の大学で私をここまで鍛えてくれた音楽の仲間たちと、小さいころから音楽を習わせてくれた家族のおかげですよ。



明日は朝8時から個人レッスンがあります。神レベルの先生に教えてもらえるので楽しみなのですが、朝早すぎます…。早朝から家でチェロなんか弾けないので(ルームメイトが寝ているので)、指ならしのために公園にいって弾こうか…とか考えていますが。起きれる気がしません。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

スワードにシーカヤックに行きました!!


風上に向かって3km漕いで行き、岸にあがってハイキング、そしてま漕いで帰ってくるという3時間のコース。

シーカヤックの経験はあまりないので、漕いでも漕いでも進まない…。しかも海ちょっと怖い…。

翌日は腹筋と腕が筋肉痛になりましたが、海と一体になれるシーカヤックは楽しかったです!何だか泳いでいるような気分になりました。


岸に上がると、川にたくさんの鮭が!産卵を終えて疲れきった鮭たちがたくさん泳いでいました。

川に鮭が泳いでいる風景は北海道でもアラスカでも何度も見たことがあるのですが、いつ見ても何だか不思議な感じがします。

P1060680.jpg

P1060676.jpg

P1060682.jpg

P1060677.jpg

スワードはとても素敵なところです。もっと頻繁に訪れたいものです。車があればなぁ…。

私の今年の夏のテーマは「海」です。気が付いたら海の旅行ばかり。



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

6月17日

大揺れで目が覚め、窓の外を見て見ると海が大荒れ。このまま船が沈んでしまうのではないかと本気で心配しました。(沈没が怖くて)眠れなかったので、母が持ってきてくれた南東アラスカの本を読みながら、30分おきに窓の外をチェックし、もし沈没しそうなら一番に逃げ出せるようスタンバイしていました(笑)自分のチキンぶりに苦笑…。


そのとき読んでいた本がこれ。水口博也さんが南東アラスカの鯨を追うお話。星野道夫も登場します。南東アラスカでカヤックをしてみたくなりました。




朝6時。波が収まり、日が昇ってきました。安心して二度寝。
命がけで航海した昔の人たちの苦労が身にしみてわかります。

P1060369.jpg


この日は、ハバード氷河の近くまで船が立ち寄る予定でしたが、昨晩の嵐のせいで予定が遅れた模様。氷河は見られませんでしたが、海に浮かぶ無数の流氷をみることができました。かなり寒かったです。

P1060373.jpg


P1060376.jpg


クルーズ旅の楽しみの一つはグルメ。追加料金を払わなければ入れないレストランもありますが、基本的に船の上の食事は無料。

P1060382.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

では、6月末の南東アラスカクルーズ旅のことをぼちぼちと書いていきます。

日程は以下のとおり
6月16日:ウィティアーからクルーズ乗船
6月17日:一日船の中で過ごす
6月18日:最初の寄港地、フナー。
6月19日:ジュノーへ寄航
6月20日:スキャグウェイ
6月21日:ケチカン
6月22日:一日船の中で過ごす
6月23日:カナダのバンクーバーに到着!午後にはシアトルに到着
6月24日:シアトル観光(ワシントン大学、スペースニードル、パイクプレースマーケット)
6月25日:シアトル観光(スノクオルミー滝、ショッピング)
6月26日:母が日本へ出発、私はカレンのおうちでまったり
6月27日:カレンと一緒にクラフト
6月28日:カレンと映画を見て、レイクワシントンでお散歩し、夜にはアンカレッジへ帰りました

P1060350.jpg


6月16日
アンカレッジから車で2時間ほどのところにあるウィティアーからクルーズに乗船。この日は雨。どしゃぶりの雨の中、ウィティアーの乗船場は2000人の乗客でごった返していました。

クルーズは1週間で約10万円。オンラインでチケットを購入したときは、約6万円と書いてあったのですが、結局税金や何やらを合わせたら約10万円でした。そのほかにクルーズ滞在中のサービス費が一人一日2000円ほど別に支払いました。
窓側で一番安い部屋を取りました。思っていたより広々として、窓も大きくて、かなり快適でした。クルーズは13階建てでしたが、私たちの部屋は4階。客室としては最下層だったので、12階のレストランよりも揺れはずいぶんましでした。それでもかなり揺れましたが。

P1060360.jpg


少しクルーズ内を探検。ライブラリーです。
P1060368.jpg


吹き抜けのホール。タイタニックを彷彿させます…。

P1060366.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

さて、8月は忙しくなりそうです。

社会人になって、毎日が楽しくすぎていってしまうので、ブログを書く気がぜんぜんおこりません。

今週水曜にはスワードへカヤックをしに行きます。
来週は音楽祭でチェロを弾く予定です。
8月末には一週間ほどジュノーとシトカに行ってきます。


仕事以外の時間をすべて趣味につぎ込める社会人生活が楽しすぎます。


最近、勤めている研究所が私のために、最新のコンピュータを購入してくれました。大学中で一番処理速度の速いコンピュータではないのか…と同僚の間で言われているほどのモノです。

さすがに速いです。今まで地図作りに2時間かかっていたプロセスを20分でできちゃったりするので、逆に仕事が速く終わりすぎてしまいます。

研究所が私に投資してくれ始めたので、来年ワーキングビザ付きで正式に雇ってもらえるかな。。。と少し期待していたのですが…

先日大学に問い合わせてみると、「UAAは教授以外の外国人にはワーキングビザのスポンサーをしません」ときっぱり言われてしまいました…。ショック…。

もう一度大学の別の部署に問い合わせて再度確認してみようとは思いますが、今の研究所で来年以降も働くのは厳しそうな感じです。年末年始をめどに、ワーキングビザを提供してくれる新しい職を探そうと思っています。


ビザ関係が複雑すぎてイヤになります。もしワーキングビザがおりなかったら…そこはまだ考え中です。大学院に行くと言う道もあるのですが、今の社会人生活が楽しすぎて、本当にもう忙しい学校生活に戻る気がしないです。まぁもし行くと決めたら決めたで頑張れるとは思うのですが。



アンカレッジの楽器屋さんでチェロをレンタルしたので、最近は毎週土曜日にトニーに車を借りて、大学に行き、一日中音楽室でチェロを練習しています。ピアノもあるのでちょっと弾いてみたりもしています。やっぱりピアノは音が多いので難しいな、というのが感想。

写真は、もっぱら家での練習用に使っているサイレントチェロ。プレリュードという一番安い、スチューデント用の弦でがしがし弾いていたら、ぷつんと切れてしまいました。弾いている途中に弦が切れたのは初めて。

P1060670.jpg



以下からもアメリカ旅行・留学関連のブログが探せます。ついでにこのブログがどれだけさびれているのかもわかります(苦笑)
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

関連記事

FC2blog テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。